お尻のニキビ跡になると治すことがなかなか難しく悩んでいる方も多いと聞きます。

目立つような跡になってしまうと人目も気になりますよね。

ネット上ではお尻のニキビ跡にあのキズパワーパッドが効くとのことですが、どのように使えばいいの?

ということが疑問かと思います。

どのようなお尻のニキビ跡に効果があるのか。使い方は?などについて説明していきますね。

 

お尻のニキビ跡にキズパワーパッドが流行っている


私の場合は自分で潰したニキビにキズパワーパッドを貼って治しています。

数日後にはキレイに治るので気に入って使っています。

子供の頃からニキビを潰す癖があるのですが、今ではキズパワーパッドを貼るので跡も残らなくなりました。


出来たらすぐに潰しています。

ニキビは自然治癒が一番なのですが、膿んだままのニキビは目立つのでどうしても外出する時などは潰しています。

キズパワーパッドはその時によく使う裏技です。


このように潰れた跡のニキビにキズパワーパッドは使用している方がほとんどのようです。

潰れたニキビは傷と同じなので効果があるという原理みたいですね。

メーカーは使用を推薦していない

実はキズパワーパッドのメーカーはニキビへの使用を禁止しています。

そのことをきちんと理解したうえで自己責任でお尻のニキビ跡をケアするようにしましょう。

 

  • にきび
  • 湿疹
  • 虫さされ
  • 皮膚炎

 

などにキズパワーパッドは使用できません。

 

キズパワーパッドの使い方

潰れたお尻のニキビ跡にどのような使い方をすればいいのか?詳しく説明していきますね。

①潰れたニキビはキレイに洗う

水道水でキレイに洗い流しましょう。

②キズパワーパッドをそのまま貼る

キズパワーパッドを切ってしまうと水分や細菌の侵入を防げない場合があるそうです。

基本はそのまま貼ります。

③2日~3日待つ

そのまま放置しておくとキズパワーパッドの効果で潰れたニキビがキレイに治ります。

ニキビ程度の軽い傷ならすぐに治りそうですね。

 

このようなお尻のニキビ跡は対象外です

キズパワーパッドは潰れたお尻のニキビ跡に効果的とされているもので、時間が経過したお尻のニキビ跡には効果はありません。

 

  • 赤みニキビ跡
  • 色素沈着
  • クレータータイプの跡

 

などに使用しても効果は発揮しないので使用しないようにしましょう。

本来お尻のニキビ跡というのは、残ってしまったものを指すので上記の3つのタイプですよね。

時間が経過しているお尻のニキビ跡にはピーチローズなどの専門のケア商品がおすすめです。

 

おすすめ記事

グリチルリン酸ジカリウムの効果と副作用とは?有効成分って何?